読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テクノロジーによる教育支援への挑戦

テクノロジーによる学びの支援へのチャレンジについて書いていきます

この秋は反転授業にチャレンジしてみよう!

2014年8月に「反転授業実践マニュアル」を出版してから、全国各地から問合せをいただくようになりました。 

反転授業は、3分程度の動画講義による事前学習と、対面指導を組み合わせた授業の運用スタイルです。欧米を中心に急激に普及しています。日本でも実践者が続々と出てきました。

反転授業実践マニュアル―無料ツールで始めてみよう!

反転授業実践マニュアル―無料ツールで始めてみよう!

 

 出版以降、

  • Moodleを既に運用していてもっと効率よく運用したい
  • 中高で反転授業を導入したい
  • ビジネスに動画を活かしたい

という方が増えています。導入サポートの件数も増えてきました。

 

今月は、10月14日、15日と立て続けにセミナー・ワークショップを担当します。

14日には、新山口駅近くのYICというところに、山口県内の商業高校の先生方に集まっていただいて、反転授業のセミナーとワークショップをします。

15日には、品川CO☆PIT(富士通ラーニングメディア)にて、反転モデルのビジネス利用についてのセミナーをします。もし、ご関心があればFacebookにてお申込みください。

反転授業適用の可能性 | Facebook

 

書籍にも書きましたが、世界中でスマホと動画視聴が当たり前になってきました。これまではスタジオや、高価な編集機材がないと、ネット上でビデオを配信することは難しいと思われていました。

しかし、今年に入って、視聴するだけではなく、ビデオを自分で撮影して、オンライン講座を作って稼ぎたい、という相談も出てきました。スマホや、運動会などを撮影するハンディカメラの画質も飛躍的に向上していますので、ネット配信するのであれば、ハンディカメラでも十分な画質が得られます。

配信用のサービスや、オンライン決済も従来よりずっとカンタンになってきていますので、個人や小さな会社でも十分に取り組めます。資金力ではなく、アイデア力の勝負です。

そこで、私もRaspberry Piの入門講座を作成して、オンラインで発売してみました。Raspberry Pi(ラズベリーパイ)は、名刺サイズのコンピュータで、Linuxがカンタンにインストールできて、ロボットカーやクアッドコプターに載せることができます。今は、ロボットカーをスマホタブレットから操作するプログラムを開発しています。とても楽しいので、近くの中高でもワークショップを計画しています。

 

FLIP SCHOOL

 

Raspberry Pi自体とっても楽しいのですが、オンラインで講座を作成したり、受講申し込みを受け付けたり、ビデオのアクセスを制限したり、とオンラインで講座販売をする方法も、整理されてきました。

 

来月には、その手順を初心者でもわかるようにまとめたビジネス書を出版します。

 

ぜひ、みなさんも趣味や自分の得意なことをビデオにして、ネットで販売してみてはいかがでしょうか?

また、課金しなくてもいいので、自分のアイデアを広めたい、という場合にも効果があると思います。たとえば、クラウドファンディング(ネット上で予約販売をして開発資金を集める)などでは、プロモーションのためにビデオは大変重要な役割を果たしています。

まずは、3分動画をスマホ(Movenoteアプリがおススメ)で撮影して、YouTubeにアップロードする練習から始めてみましょう!

f:id:hiro_inoue:20141008042124j:plain

 

CourseraのBlended Learning紹介ビデオの翻訳を公開開始しました!

個別マスタリー学習と、対面授業を組み合わせたBlended LearningについてCoursera/Khan Academyのビデオの字幕翻訳にボランティアチームで取り組んでいます。順にYouTubeに反映されてきましたので、シェアします。あと7本アップロード済みですが、反映まで時差があるようです。まずはイントロの2本をご覧ください。

高校までのチャータースクール(全米の貧困地区で運営されている認可制の公設民営校)で、学校内で学力レベルに応じた個別進度の学習と、対面授業や学び合いを組み合わせている事例がたくさん紹介されています。映像で見ることで教室のイメージもしやすくなります。


自分で学習計画(パーソナルな学習計画)を立てて勉強を進め、Web上で進捗を可視化し、先生が計画を立てるのをサポートしたり、学習がつまづかないようにサポートしたり、生徒同士が学び合ったり、勉強方法を教え合ったり、と興味深い事例が多くあります。パーソナル学習計画作成・可視化をサポートする仕組みなど、日本でも役立ちそうな部分がありますので、実装してみたいと思います。解説ページやビデオも作成する予定です。


自分で学習計画を考えて、自分の学習に責任を持つ、という考え方が日本で受け入れられるかどうかはまだわかりませんが、動機付けの面で効果が期待できますので、効果がありそうな場面で実践してみます。


Video 1⇒ https://www.youtube.com/watch?v=vKfkOF2sJSg
Video 2⇒ https://www.youtube.com/watch?v=3va4GU-TGGQ

Moodle 2.7がリリースされました!

昨日、Moodle 2.7LTSがリリースされました。

LTSというのは、Long Time Supportの略で、3年間はメンテナンスリリースが提供されるので、安心して使っていいよ、ということです。

 

f:id:hiro_inoue:20140513203159p:plain

moodle.orgのMoodle 2.7紹介ビデオより)

 

それから、Moodleは見た目がスタイリッシュでないと指摘を受けますが、Twitter BootstrapベースのCleanテーマが標準となりました。

また、配色などの設定を簡単に実行したり、Attoエディタを導入するなど、劇的な機能追加はないのですが、使い勝手の向上や、パフォーマンス向上に注力したようです。

 

もう学習プラットフォームとしては必要な機能はほとんど実装しているので、これ以上高機能化しなくていいと思います。

 

あとは望むとすれば、後発のMOOCプラットフォームのように、もっと洗練されたシンプルなインタフェースになると、学習者が学びやすくなるでしょう。

 

とはいえ、フルスタックのLMSが無償で手に入り、自由にカスタマイズまでできて、アプリまで作れるなんて、今のところMoodleしか地球上にはありません。

 

Canvasなどもインタフェースは優れていますが、実運用しようとするといろいろな機能がなかったりして、実質的にはプログラマーがいないと手も足も出ません。

 

今年は、Moodleを使って、いろいろなオンラインワークショップを提供していきたいと思います。

とりわけ、反転授業の実践のために、

- 反転授業用のビデオ講義を作成する(PC編)

- iPadAndroidタブレットでビデオ講義を作成する

- LMSでオンライン講座を作ったり、有料講座を運用する

などの講座を提供していきます。

 

これを読んでいるあなたも、ぜひ反転授業や、オンライン講座配信にチャレンジしてみましょう!

iPhoneで授業を撮りMoodleで配信【その1】

今週【10秒でオンライン授業が開設できるサービス】をリリースしました。

https://www.flipclass2go.com/

なのですが、サーバ名を決めるだけで、オンライン教育サイトを開設できます。

そして、なんとオーストラリア在住の日本語の先生から申込みをいただきました。

さっそく質問をいただいたので、一緒に問題解決をしました。

彼女はオーストラリアの現地の方に、日本語のグループレッスンをしておられます。仕事の都合で出席できない方のために、授業を録画したビデオファイルを見せてあげたいということで、iPhoneで授業を録画されました。

ここで問題発生!

YouTubeにアップロードしようとすると1020分かかるという表示!

そこで、Moodleに掲載してみることにしました。

せっかくなので、ファイルサイズを小さくし、またスマホでもPCでも再生できるようにMPEG-4形式に変換することをご提案しました。

まず、ファイルサイズを確認すると、40分程度の講義ビデオ(1280x720ピクセル)なのですが、ファイル形式は.MOV(Quicktime Movie)、サイズがなんと3GBもあります。

そこで、MPEG Streamclipというフリーの動画編集ツールをインストールして変換してみることにしました。

http://www.squared5.com/

音声はかなり品質が高いので、320x240ピクセルに変換してMPEG-4にすることにしました。

待つこと10分くらいで、212MBのMP4ファイルができあがりました。 

せっかくなので、マニュアルにしてみました。

下記サイトに登録すると、マニュアルを参照できます。

https://www.flipclass2go.com/sandbox/

まだファイルサイズが大きいので、次は10分程度の長さに分割する方法をご紹介します。

 

【eboard応援企画】1. 俺たちに希望はない?

【eboardって?】

Facebookの広告で知った【反転授業の研究】グループでの投稿をきっかけに、eboard(http://eboard.jp)の中村孝一さんとお会いすることができました。manaveeの花房さんや、e-Educationプロジェクトの税所さんとは昨年CAUAのイベントでお会いしたのですが、中村さんとは初対面です。

eboardは「不登校や過疎地の子どもたちに格差のない教育を届けたい!!」ということで、塾の講師をしておられた中村さんが親しみやすい関西弁で、英語や日本史などたくさんの無料講義を配信されています。文字通り、日本のサルマン・カーンのような人です。システムもPython/Djangoで開発されています。

私は、ここ20年位インターネットの教育利用について研究したり、大学で教育研究支援をしたり、アメリカに渡ってオンライン教育プラットフォーム開発などをしてきました。

「では、どうして教育支援に興味をもったんだろう?」

とこの機会に振り返り、私の悲惨な教育体験をグループに投稿したところ、いろいろ反響をいただきました。

かなり恥ずかしいのですが、私が教育格差について関心を持つ貴重な原体験でもありますし、eboardのクラウドファンディングに少しでも役立てばと思い、シェアすることにします。

 

【小学校時代】 

私の実家は、京都府奈良県大阪府の境目に位置する、相楽郡精華町という当時は人口1万人ちょっとの田舎町です。最近は、京阪奈学研都市という名称で、山を切り崩し、企業の研究所がたくさんできましたが、私の家は、裏は竹やぶ、隣は水田、前は畑、という旧来の集落にあります。今でも、田植えの季節になると、何百匹ものカエルの合唱で落ち着いて寝られないほどです。

東京のようにお受験の存在すらも知らず、地元の町立川西小学校に通い、のんびり暮らしていました。小学校5年生までは特に問題もなく学校生活を送っていましたが、小学校6年生になった時に事件が起きました。

担任を担当された先生が産休になってしまい、代理の(林家ペーみたいな髪型をして年中ジャージ姿の)仲先生が来られることになりました。開口一番、

「あなたたちは田舎もんだから、勉強しても意味がない。ウチは南山城村に茶畑があって、福寿園にたくさん茶葉を売ってお金持ちやから、そんなに仕事せんでもええねん。君らも農家の土地を売ったら食べていけるで」

と言って、算数や理科の授業の時間なのに、灰谷健次郎氏の著作「兎の眼」などの朗読をされるのです。しかも感動してボロ泣きしている。来る日も来る日も。

またある時は、赤旗新聞を売りに来られる。

「いったいこの人は何がしたいねん?」

と理解に苦しみました。

「先生、勉強せーへんかったら就職でけへんのちゃいますか?家は貧乏やし、売る土地もない。お父ちゃんからはすぐにでも働いてもらわんと困る、と日頃言われてるんです。」

と質問したら、それから目の敵にされ、長時間立たされたり、天然パーマの髪の毛を指摘して「パーマかけるのはやめなさい」とからんできたり、イジメがはじまります。天然パーマの件については、隣のクラスの長友先生が、「僕も少し髪の毛が茶色くてイジメられたことがある、子どもをいじめるとか何事か?」と仲裁に入って(つかみ合いの喧嘩をして)くださり、それ以上エスカレートすることはありませんでした。

そして、まともな授業を受けず、疑問も解消されないまま、地元の町立精華中学校に進みます。

 

【中学校時代】

幸い中学校では時間割通りの授業が行われて安心していました。特に英語の脇田先生の授業は楽しかった。英語のスピーチコンテストで優勝したら交換留学に来ていた女子大生の先生に表彰して(ハグして)もらえる、ということで、連日ロビンソン・クルーソーの話を丸暗記し、見事優勝、「将来は英語を使った仕事につきたいなあ」と甘っちょろいことを考えてました。アホでした。

部活動にも打ち込み、中学2年生までは平穏な日々が過ぎていきました。

しかし、中学3年生になり、またも出逢ってしまうのです。

 

担任になった青山先生は、京都大学を出て、本人曰く「何かの手違いで」田舎町に赴任してこられました。

そして、開口一番、

「俺は京大出てんねんけど、お前ら田舎もんは勉強してもそこまではいけん、だったら勉強なんかせん方がええんじゃ。部活して高校に行ってサンヨーとかの工場とかで働いとけばええねん。世の中平等が大事じゃ。ハンディキャップのある人を助けたいから、健常者の君たちはどうでもいい。」

とのたまうではないですか!

「おお、これはヤバイ。何とかせんと、本当に未来の選択肢がなくなる」

と思いました。

しかし、いろいろな妨害に遭います。先生の理想は一人も落ちこぼれが出ない、優秀な生徒も出ない、結果の平等、なので、とても進度が遅い。だから平均的な成績の生徒は退屈でたくさんの生徒が居眠りしていました。最もできない生徒に合わせて授業をします。でも、学習障害(当時は認識されていなかった)のK君などはそれでもついていけないのです。すると、そのK君を先生が殴って「なんでお前はアホなんじゃ」と怒る。ヤンチャな生徒が「もう止めといたってくれや」と仲裁(先生ボコボコにされたいんか?とおどし)に入る始末。

 

昼間から寝てばかりも辛いので、教科書をどんどん読み進めることにしました。

しかし、ある日気づくと、机の中の教科書がない!

職員室に行って、

「先生、僕の教科書なくなったんですけど」

というと、

「勝手に教科書読んで勉強するとはけしからん。勝手なことをせんように、ワシが預かっとるんじゃ」

と仰る。

「じゃあ、どうすればいいんですか?」

というと、

「じっと廊下を見て座っとけ、何もするな」

というツレない回答。

何もしないで廊下を見ているのは苦痛でした。そこで、理科の尾上先生や部活の川岡先生に相談します。先生方が青山先生にかけあって、教科書を取り返してくださいました。この二人の先生は、「お前の人生やから好きなようにしたらええ、遅れたところはわからんかったら教えたる」とおっしゃり、地獄で仏、とはこのことかと思いました。

「よし、これで挽回できるわ」

と思ったのですが、今度は、体育の時間から帰ってくると、学生服がなくなっています。またもや、青山先生の仕業です。学ランを取られて寒くて死にそうなのを見て薄ら笑いを浮かべている先生にとても嫌悪感を感じました。

なんかもうどうでもよくなってきて、学校に行くのが嫌になり、朝になると動く気もせず、体調が悪いと言っては家でフテ寝するようになりました。自己嫌悪感で一杯でした。

さらに、衝撃的な事件が起こります。地元の公立高校(府立田辺高校)の説明会での、校長先生のスピーチです。なんと、この人も

「田舎もんは勉強なんかしてもしかたない。部活やってれば推薦で就職できる。勉強したいような人はどっか他の学校でも探してください」

と仰る。周囲の同級生は「へー、そうなんや」とあまり疑問を持っていない。素直ないい子たちなのです。

「おれの方がおかしいのか?」

と混乱しつつも、選択肢が狭まるのはヤバイでしょ、と直感的に思い、猛勉強をはじめます。オカンに頼み込んで、「ほんまに勉強するのか?」と疑われつつも、受験参考書を買ってもらい、夜な夜な朝まで勉強して、昼間は前を向いているのは無理です、と言って寝ていました。

これで、なんとか京都市内にあるヴィアトール学園洛星高校に入ることができました。

 

【高校時代:衝撃の初日】

そして、事件は初日に起きます。入学式の挨拶で、

「あなたの星はあなたの中にある。Your star is in your heart!」

「困ったことがあったらいつでも僕の部屋に来てください」

と校長の村田源次先生がおっしゃったのです。

「えー、これまで言われたことと違う。どういうことやねん(この人頭おかしいんちゃうやろか)?」

と逆に疑ってしまいました。

 

村田校長先生(通称ゲンちゃん、ゲンジイ)はいつもニコニコしていて、生徒に「カワイイ」とからかわれたりして、そんなに苦労したことがあるようには見えませんでした。

 

しかし、「あなたの星はあなたの中にある」という言葉が引っかかったので、校長室に行って、話を伺いました。校長先生はニコニコしつつ、自ら焼いたクッキーと紅茶を出して話を聞いてくださいました。

そうしたら、先生は15歳位の時に漁船が難破して、海外の船に拾われ、カナダの東部にあるケベックという町の教会で育てられたこと、フランス語がまったくわからず絶望し、故郷に帰りたくても故郷が地球上のどこにあるのか知らず、何度も死のうかと思ったこと。教会で働いて、第二次大戦後に京都に送り込まれて、学校設立に当たられたこと、などを伺います。

そして、肝心の

「あなたの星はあなたの中にある、ってどういうことなんですか?」

と質問すると、

「他人任せにするのではなく、自分で意志をもって努力すれば道は開ける」

「そこで、何をやっていきたいのか、自分は世の中でどんな役に立てるのかを、常に自問自答し、確かめながら生涯打ち込める仕事を探すのがよい。神様は見守ってはくれるが口はきけないので、道を示してはくださらない。だから、まずはあなた自身の頭で考えるのです。」

とおっしゃいました。

 

それまで、「自分で考えて自分で決める」とう選択肢を知らなかった私は、強いショックを受け、かなり動揺しました。

「考えろって言われてもどんな選択肢があるかわからんしなあ」

と思って、いろいろな世界を見てみたいと思うようになりました。

一方で、

「うちは貧乏やから自分で学費が払えるようなところに行くなら、大学に行ってもいい。学費がもったいない」

と父には言われ、

「こうなったら、国立大学に行くしかないな。」

「でも、京大だと科目がたくさんあるし、東大の理科1類だったら、英語や国語で点数を稼いで、数学が何問か解ければ半分くらいは得点して合格できるな」

と皮算用をしてみました。当時の私は暗記系の科目が苦手でしたが、本を買うお金がなくて、小さい頃に図書館に通って、たくさん本を読んだおかげで文章を読むのが速く、国語が得意だったのです。

最近は、ドラゴン桜などで、このカラクリが有名になりましたが、当時の私からすると消去法で、この組み合わせしか生き残る手はなかったのです。

過去問を20年分位徹底的に読み込んで、作戦は成功し、なんとか理科一類に進むことができました。

そして、悲惨な教育体験はまだまだ続く。。。

eboardのクラウドファウンディング挑戦。
残り24日達成まで418,000円
https://readyfor.jp/projects/eboard

Moodleをバックエンドにモバイルラーニングアプリを作る

大学や企業で教育プラットフォームとしてMoodleを導入している組織も多いと思うが、ブラウザでいちいちMoodleにアクセスしてログインするのは面倒だ、というユーザをよく見かけます。

そこで、iPhoneAndroidアプリからMoodleにアクセスし、各種お知らせの確認や、コースへのアクセスができるモバイルアプリを開発してみた。パソコンをいちいち開くのは面倒だけれども、スマートフォンは今や多くの学生が常時携帯している訳で、そこからアクセスできる方が便利に決まってる。

ニュースフィードを取得するために、Moodleの設定をいろいろいじっていて気になったことがあったので、備忘録代わりにメモしておきます。

Moodle Docs(公式ドキュメント)だと、RSSフィードの有効化は、

管理 > サーバ > RSS

で行なうとあるのですが、Moodle 2.5のメニューには見当たりません、

そこで、順に管理メニューをチェックすると違うところで発見!

管理 > 拡張機能

の中に『RSSフィードを有効にする』という項目がありましたよ。

これで休講やお知らせなどの情報をいちいち見に行かなくてもアプリで取得/表示ができるようになりました。

もう少しブラッシュアップしたらAppStoreの申請を出してみます。

ではでは。

Moodleのテーマカスタマイズ

Moodle Mobileやブラウザからのアクセスのインタフェースを使いやすくするためにテーマファイルをいろいろと編集している。

テーマファイルを編集した場合に注意したいのが、その反映方法。

編集を完了しただけでは変更が反映されない。

サイト管理 > アピアランス > テーマ > テーマセレクタ

で『テーマキャッシュをクリアする』ボタンをクリックすると、サーバ側上のキャッシュデータがクリアされて、テーマファイルが読み込み直されるので、変更が反映される。

そんなこんなで、Moodleのレイアウトを見やすいように調整したら、Courseraのように見やすい感じになった。左側にセクション一覧が並び、セクション表示を切り替える。昨今のMOOCはこのような画面レイアウトになっている。

モバイルアプリからアクセスした場合にも文字の大きさ等を調整しないと、インストール直後の状態では使いづらい。

ある程度まとまったら、教育機関ポータルアプリとしてリリースする予定。